戻る

24年度活動理念
   
   

剣道を修業するこにより、人間形成を行い友和を追及する

一生懸命剣道をする(練習)

少年剣士それぞれにあった指導を実施する(指導)


剣道指導方針
 
少年団の心得
基本を重視
・基本姿勢
・基本打ち
・基本技、形
剣道を通じて
・勇気と努力で強い人間になろう
・正しいことを行い立派な人間になろう
・感謝の心を忘れずに
・いつも向上心を持って
・一生懸命、練習に励む
・いつまでも剣道を楽しもう

  稽古の相手、試合相手、友達、家族、他の道場の先生、指導者すべての人がみんな、自分の先生である。という意味  

指導者の心得

   
父母の会の心得
・友愛の心で接する
・一人ひとりに合った指導方法で
・平等な対応で指導する
・互助、協調の気持ちで活動する
・自ら、わが子だけでなく団員の人間性を指導する
・活動を援助し、発展向上を図る

すべての先生に感謝の心と言葉を態度で示しましょう。思いやりの心、感謝の心、全員で励まし合い、助け合って競いあって努力し、全員が上達していく様にがんばりましょう  
試合心得
試合応援では
  ・平常心に努める
・剣道の「先」なる行動で
・一太刀には魂をこめて
・一本を取ることに努める
「一刀入魂
・礼儀をわきまえ、静粛な応援
・団としての行動と応援
・その他、父母会の心得同様



copyright(c)2012.ASAKEKENDO. all rights reserved.  
  朝明剣道少年団